和包丁には用途によって様々な形やデザインがありますが、

一般家庭用として初めての和包丁にお薦めなのが三徳包丁です。

三徳包丁 は文化包丁とも言い、日本の家庭では最も一般的な包丁の事です。
三徳とは主に 肉、魚、野菜の「三つの用途」を指していて、幅広い使い方ができるという意味で使われています。
家庭でもプロ並みの切れ味を体感できる、堺の三徳包丁。
使い込むほどに愛着のわいてくる三徳包丁。大阪府堺市の熟練職人が1本1本丁寧に仕上げています。

菜切り包丁より先に行くにつれて丸みがあり、使いやすくなっています。
基本的に両刃が多く、切りやすい。

鋼製、ステンレス製、セラミック製や最近ではチタンのものも出ていますが、
購入の際は、重さや長さを意識して購入します。

鋼製は重さも適度にあり、切れ味を求めるのであればおすすめ。特に柔らかいもの、細く切ることが得意。
ただ錆びやすいので料理が終わった後はすぐに洗ってしっかり水気を拭きとることが重要です。

ステンレス製は一定の切れ味があり、家庭用三徳包丁として使用されることの多い素材です。鋼に比べて頻繁な手入れがいらず、
錆びにくいのが特徴。ある程度の重さがあるので玉ねぎのみじん切りなど重さがあると便利な調理も簡単に行えます。
また、柔軟性があるので欠けにくく、長持ちするのも魅力です。